みての

小説

【短編小説】『渦』カツセマサヒコ / あらすじ&感想

渦 四十を過ぎて、疑似恋愛のようなものにとらわれ…… 引用元:光文社
小説

【小説】『ジャクソンひとり』安堂ホセ / あらすじ&感想

着ていたTシャツに隠されたコードから過激な動画が流出し、職場で嫌疑をかけられたジャクソンは3人の男に出会う。痛快な知恵で生き抜く若者たちの鮮烈なる逆襲劇! 第59回文藝賞受賞作。 第168回芥川賞候補作! 第59回文藝賞受賞 衝撃のデビュー作! 東京に暮らすブラックミックスたちが企む鮮やかな逆襲劇 「実際に生きてるってこと。盗用したポルノごっこじゃなくて」 アフリカのどこかと日本のハーフで、昔モデルやってて、ゲイらしい――。 スポーツブランドのスタッフ専用ジムで整体師をするジャクソンについての噂。 ある日、彼のTシャツから偶然QRコードが読み取られ、そこにはブラックミックスの男が裸で磔にされた姿が映されていた。 誰もが一目で男をジャクソンだと判断し、本人が否定しても信じない。 仕方なく独自の調査を始めたジャクソンは、動画の男は自分だと主張する3人の男に出会い――。 引用元:河出書房新社
邦画

【映画】『劇場』(2020)原作:又吉直樹 / あらすじ&感想

夢を叶えることが、君を幸せにすることだと思ってた— 演劇を通して世界に立ち向かう永田と、彼を支えたいと願う沙希。夢を抱いてやってきた東京で、ふたりは出会った。 中学からの友人と立ち上げた劇団「おろか」で脚本家兼演出家を担う永田(山﨑)。しかし、前衛的な作風は上演ごとに酷評され、客足も伸びず、劇団員も永田を見放してしま う。解散状態の劇団という現実と、演劇に対する理想。そのはざまで悩む永田は、言いようのない孤独を感じていた。そんなある日、永田は街で、自分と同じスニーカーを履 いている沙希(松岡)を見かけ声をかける。自分でも驚くほどの積極性で初めて見知らぬ人に声をかける永田。突然の出来事に沙希は戸惑うが、様子がおかしい永田が放って おけなく一緒に喫茶店に入る。女優になる夢を抱き上京し、服飾の大学に通っている学生・沙希と永田の恋はこうして始まった。お金のない永田は沙希の部屋に転がり込み、 ふたりは一緒に住み始める。沙希は自分の夢を重ねるように永田を応援し続け、永田もまた自分を理解し支えてくれる沙希を大切に思いつつも、理想と現実と間を埋めるよう にますます演劇に没頭していき―。 「一番 会いたい人に会いに行く。こんな当たり前のことが、なんでできなかったんだろうね。」 引用元:Filmarks
小説

【短編集】『あなたの不幸は蜜の味 イヤミス傑作選』アンソロジー / あらすじ&感想

 ぞわりとする、でも読まずにはいられないのが、人間のいやな部分に光をあてた「イヤミス」と言われるミステリー。  本書は、いま旬の女性ミステリー作家による、秀逸の「イヤミス」を集めたアンソロジー短篇集。  ある地方都市で起きた放火事件を通して、自意識過剰な人間の滑稽さを見つめた「石蕗南地区の放火」、過食に走った美人の姉と、姉に歪んだ優越感を覚える妹の姿が鬼気迫る「贅肉」。  また、事故死したはずの兄が生きているのではないかと疑いを抱いた妹の葛藤を描く「おたすけぶち」など、読んで心がざわつく、後味が悪い作品が勢ぞろい。  衝撃の結末を愉しみに、また隠れた逸品を発掘する喜びを味わいたい方におすすめの一冊。 引用元:PHP研究所
小説

【小説】『流浪の月』凪良ゆう / あらすじ&感想

最初にお父さんがいなくなって、次にお母さんもいなくなって、わたしの幸福な日々は終わりを告げた。すこしずつ心が死んでいくわたしに居場所をくれたのが文だった。それがどのような結末を迎えるかも知らないままに――。だから十五年の時を経て彼と再会を果たし、わたしは再び願った。この願いを、きっと誰もが認めないだろう。周囲のひとびとの善意を打ち捨て、あるいは大切なひとさえも傷付けることになるかもしれない。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい――。新しい人間関係への旅立ちを描き、実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。本屋大賞受賞作。 引用元:東京創元社
小説

【小説】『隣はシリアルキラー』中山七里 / あらすじ&感想

「すぐ隣の部屋で人体を解体しているなど、あり得るはずがない」 連続バラバラ殺人事件の犯人は、隣人? 怖すぎて眠れない。徹夜必至のホラーミステリ! 神足(こうたり)の悩みは、深夜になると隣室から聞こえてくる不気味な物音。何かを切断しているような……もしかして死体? 時を同じくして、近隣で女性と思われる死体の一部が発見されたという事件を知った神足は、隣人の徐(スー)が犯人なのではという疑いを持つ。そんなある日の深夜、隣室から何かを梱包するような音に続いて、徐が外出する音が聞こえた。気になった神足はそのあとをつけるが――。 引用元:集英社
小説

【短編集】『20の短編小説』アンソロジー / あらすじ&感想

テーマは「20」という数字。 原稿用紙20枚という制約の中で、 20人の人気作家が綴った20の短編を集めたアンソロジー。 小説という表現方法の可能性を突き詰めた文芸ファン必読の一冊。 引用元:Amazon商品ページ
小説

【小説】『インフルエンス』近藤史恵 / あらすじ&感想

それは、私の罪ですか? 現代に響く傑作ミステリ 大阪郊外の巨大団地で育った小学生の友梨。同じ団地に住む里子が、家族内で性虐待を受けていたことを知り、衝撃を受ける。助けられなかったという自責の念を胸に抱えたまま中学生になった友梨は、都会的で美しい親友・真帆を守ろうとして、暴漢の男を刺してしまう。ところが何故か、翌日警察に連れて行かれたのは、あの里子だった。 殺人事件、スクールカースト、子育て、孤独と希望、繋がり。お互いの関係を必死に隠して大人になった3人の女たちが過ごした20年、その入り組んだ秘密の関係の果てに彼女たちを待つものは何だったのか。大人になった三人の人生が交差した時、衝撃の真実が見えてくる。 女たちが幼いころから直面する社会の罪、言葉で説明できないあやうい関係性、深い信頼。ラストに用意された、ミステリファンも唸る「驚き」。 『サクリファイス』で大藪春彦賞を受賞した近藤史恵が描く傑作長編。 解説・内澤旬子 橋本環奈・葵わかな・吉川愛でWOWOW連続ドラマ化決定。 引用元:文藝春秋BOOKS
ドラマ

【テレビドラマ】土曜プレミアム『世にも奇妙な物語’23 秋の特別編』あらすじ&感想

四編 『永遠のふたり』 『地獄で冤罪』 『走馬灯のセトリは考えておいて』 『トランジスタ技術の圧縮』 放送日:2023年11月11日 21:00〜23:10
小説

【小説】『消えない月』畑野智美 / あらすじ&感想

どうすれば、気持ちが伝わるのだろう? 出会ったことは、運命だったのか? この感情は、恋なのか、ストーカーなのか――。なぜ、さくらは、僕から離れようとするのだろう。どうして、松原さんは、別れてくれないの。婚約までした二人の関係は、はじめから狂っていたのかもしれない――。緊張感に満ちた文体で、加害者と被害者、ふたつの視点から「ストーカー」を描いた価値観を揺さぶる衝撃作。本から顔を上げた時、あなたは「愛」を信じられなくなる。 引用元:Amazon商品ページ単行本