映画

邦画

【映画】『さがす』(2022)あらすじ&感想

『さがす』は、大阪の下町で平穏に暮らす中学生の娘・楓(伊東蒼)と、その父親・原田智(佐藤二朗)の物語です。ある日、智は楓に「指名手配中の連続殺人犯を見かけた。捕まえたら300万円もらえる」と冗談めかして話しますが、その翌朝、智は姿を消します。冗談だと思っていた楓は、一人残され、父を探し始めます。しかし、警察も大人の失踪は相手にせず、楓は孤独と不安に苛まれながらも手掛かりを追い求めます。やがて、日雇い現場で父の名前を見つけるものの、そこにいたのは全く知らない若い男(清水尋也)でした。失意の中、楓はその若い男が指名手配中の連続殺人犯であることを知り、父の行方を探る過酷な旅が始まります。
邦画

【映画】『蛇イチゴ』(2003)あらすじ&感想

家族の崩壊と再生を描くシニカル・コメディ 物語は、音信不通だった明智家の長男・周治(宮迫博之)が突然実家に帰還するところから始まります。彼の帰還は、家族の和やかな雰囲気を一変させ、隠されていた問題が次々と浮かび上がります。 明智家は、一見すると平穏で幸せな家庭に見えますが、実はそれぞれが抱える悩みや秘密を持っています。堅実で誠実なベテランサラリーマンの父・芳郎(平泉成)、痴呆が進行している祖父・京蔵(笑福亭松之助)、家事と介護をこなす母・章子(大谷直子)、そして正義感の強い妹・倫子(つみきみほ)。 周治の帰還によって、家族の均衡が崩れ、家庭内の緊張が高まります。インチキを絵に描いたような兄・周治と、正義感の強い妹・倫子との対立を軸に、物語は進行します。家族がそれぞれの問題に向き合い、再び和解し、再生へと向かっていく過程が描かれます。
邦画

【映画】『ソロモンの偽証』(2015)あらすじ&感想

クリスマスの朝、雪が降り積もった城東第三中学校の校庭で2年A組の生徒・柏木卓也の死体が発見される。警察も学校も飛び降り自殺と判断するが、後日、学校関係者のもとに、柏木の死は自殺ではなく、大出俊次をリーダーとするいじめグループによる殺人だったと訴える匿名の告発状が届く。やがてそれはマスコミにも伝わり、ワイドショーを連日賑わすことに。それでも学校側は穏便に事を収めようと後手を踏むばかりで、事態は悪化の一途を辿っていく。そんな中、事件の第一発見者で2年A組のクラス委員を務める藤野涼子は、大人たちには任せておけないと、自ら真実を暴くべく立ち上がる。そして、全校生徒に対し大出を被告人とする学校内裁判の開廷を提案する藤野だったが…。(C)2015『ソロモンの偽証』製作委員会 引用元:Amazon
邦画

【映画】『悪の教典』(2012)あらすじ&感想

みての 私の大好きな小説『青の炎』の貴志祐介さん原作作品!正直に言うと、ただただ問題作です!血が苦手な方は観ないでくださ...
邦画

【映画】『劇場』(2020)原作:又吉直樹 / あらすじ&感想

夢を叶えることが、君を幸せにすることだと思ってた— 演劇を通して世界に立ち向かう永田と、彼を支えたいと願う沙希。夢を抱いてやってきた東京で、ふたりは出会った。 中学からの友人と立ち上げた劇団「おろか」で脚本家兼演出家を担う永田(山﨑)。しかし、前衛的な作風は上演ごとに酷評され、客足も伸びず、劇団員も永田を見放してしま う。解散状態の劇団という現実と、演劇に対する理想。そのはざまで悩む永田は、言いようのない孤独を感じていた。そんなある日、永田は街で、自分と同じスニーカーを履 いている沙希(松岡)を見かけ声をかける。自分でも驚くほどの積極性で初めて見知らぬ人に声をかける永田。突然の出来事に沙希は戸惑うが、様子がおかしい永田が放って おけなく一緒に喫茶店に入る。女優になる夢を抱き上京し、服飾の大学に通っている学生・沙希と永田の恋はこうして始まった。お金のない永田は沙希の部屋に転がり込み、 ふたりは一緒に住み始める。沙希は自分の夢を重ねるように永田を応援し続け、永田もまた自分を理解し支えてくれる沙希を大切に思いつつも、理想と現実と間を埋めるよう にますます演劇に没頭していき―。 「一番 会いたい人に会いに行く。こんな当たり前のことが、なんでできなかったんだろうね。」 引用元:Filmarks
中国/香港/台湾映画

【香港映画】『クレージー・モンキー/笑拳』(1980)あらすじ&感想

非道な武術家、ヤムに反逆者の汚名を着せられ逃亡した行意門派のチェン。彼は、山で隠居生活を送りながら、一緒に暮らす孫のロンに秘かに拳法を教えていた。何も知らない甘えっ子のロンは、人前でカンフーを見せるなというチェンの教えもどこ吹く風。うさんくさい道場に師匠として雇われ、「行意門」の看板を掲げる。やがて、それはヤムの一味の知るところとなり、彼らはチェンの居場所を突き止める。そして、ヤムに急襲されたチェンはロンの目の前で命を落としてしまう。復讐に燃えるロンだったら、突然現れたチェンのかつての弟子、”8本足の麒麟”に諫められ、ヤムに打ち勝つ力を会得すべく、彼の下で厳しい特訓を開始する。 引用元:TWIN
邦画

【映画】『孤狼の血』(2018)あらすじ&感想

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。 所轄署に配属となった日岡秀一は、 暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、 金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。 常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。 失踪事件を発端に、 対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。 引用元:Filmarks
邦画

【スピンオフ映画】『ある夜、彼女は明け方を想う』(2022)あらすじ&ネタバレ感想

留学先のニューヨークで、 出張に来ていた現在の夫(若葉竜也)と出会い、 恋に落ちた<彼女>(黒島結菜)。 3年間の交際を経て大学院在学中にプロポーズされ、 幸せに溢れた結婚生活を送っていた。 しかし、夫の海外転勤と<彼女>に届いた内定通知をきっかけに 卒業後の生き方についてすれ違い、 2人の人生の歯車はずれはじめる。 そんな中、 行けなくなった飲み会に代わりに参加してもらえないかと、 友人(小野花梨)から頼まれる。 仕方なく行ったその退屈な飲み会で、 <彼女>は<僕>に出会ってしまう-。 ⓒカツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会 引用元:Amazon Prime Video
邦画

【映画】『明け方の若者たち』(2021)あらすじ&ネタバレ感想

「私と飲んだ方が、楽しいかもよ笑?」 その16文字から始まった、沼のような5年間。 明大前で開かれた退屈な飲み会。 そこで出会った<彼女>に、一瞬で恋をした。 下北沢のスズナリで観た舞台、 高円寺で一人暮らしを始めた日、 フジロックに対抗するために旅をした7月の終わり・・・。 世界が<彼女>で満たされる一方で、 社会人になった<僕>は、 “”こんなハズじゃなかった人生””に打ちのめされていく。 息の詰まる会社、夢見た未来とは異なる現在。 夜明けまで飲み明かした時間と親友と彼女だけが、 救いだったあの頃。 でも、僕はわかっていた。 いつか、この時間に終わりが来ることを・・・。 引用元:Filmarks
洋画

【映画】『マスク』(1994)ジム・キャリー主演 / あらすじ&感想

ある日、 お人好しで気弱な冴えない銀行員スタンリー・イプキスは、 窓口業務中に応対した歌手のティナ・カーライルという美女に一目惚れ。 しかし、 その後散々な目にあい再会したティナの前でも醜態をさらしてしまい、 揚句ゴミの塊を水難者だと思い救助のため水に飛び込んでしまう。 その際ゴミに混ざっていた変わった木製の仮面を拾い、 自宅に帰りそれを顔につけた途端、 猛烈な緑の竜巻とともに超型破りな魔人マスクに変身してしまう。 仮面の魔力でスタンリーは過剰な本性を引き出され不死身の身体、 数々の超能力を身に着ける。 引用元:Wikipedia