PR

【短編小説】『スミエ』井上荒野 / あらすじ&感想

【短編小説】『スミエ』井上荒野 / あらすじ&感想
Haru
Haru

初めて井上荒野さんの作品を読みました!
余韻のある物語です。

この記事を書いた人
みての

年間100作品くらい本を読む36歳サラリーマンブロガー
暇があれば書店・古本店へ行く為、読むペースより買う本の方が圧倒的に多い供給過多状態。
それでも本を買うのが至高過ぎて止まりません。
すごい勢いで積読本が増えていきます。誰か助けてください。

〈読書遍歴〉
幼少期:絵本・児童書
小学生〜中学生:週刊少年ジャンプ・月刊コロコロコミック・月刊ファミ通ブロス・週刊ゴング
中学生〜20代:週刊ファミ通・電撃プレイステーション・ファッション誌男女
20代後半〜現在:小説・ビジネス書・自己啓発書に。最近は文芸誌も。

みてのをフォローする
スポンサーリンク

『スミエ』概要

『スミエ』
(『すばる』2022年1月号より)

タイトル:スミエ
著者:井上荒野
出版社:集英社
発売日:2021年12月6日
読んだ本:『すばる』2022年1月号

あらすじ

知り合って二年と少し、「僕」と亜弓の関係はあまりうまくいっていなかった。まだ修復できるかもしれない、 「僕」は亜弓に旅を提案した。 行き先の地名から「僕」はあることを思い出す――。

引用元:集英社 文芸ステーション

主な登場人物

僕…航(こう)。
亜弓…“僕”の彼女。
音村澄江…“僕”が16歳のときに数ヶ月、家庭教師だった。

『スミエ』感想

初・井上荒野作品!

私が初めて読んだ井上荒野さんの作品です。どこか村上春樹イズムを感じる文章でした。他の作品でもそうなのかしら?気になりました。

別れ

突然家族がいなくなるって、残された人たちにとってはやりきれない寂しさだと思います。というか、過去の私の経験ですが、話し合った末に彼女と別れる。それでも充分過ぎる程悲しいし寂しかったです。大学時代、彼女と同棲をしたのですが、別れたあとの心のポッカリ穴が空いた感覚は凄まじかったです。当時は当然のように結婚するものと思っていました。

結婚して嫁いできてくれたパートナーがこつ然と姿を消すとなると私だったら発狂しますね。澄江さんの元?夫が、澄江さんがいなくなってから6年経っていても澄江さんの情報を少しでもいいから欲しい!というのは理解できます。

おわりに

普段から家族やパートナーと良い関係を築いておかないといけないな、と思いました。私の場合、口数が少なく、否定的な言葉を使いがちなのでより気をつけようと思いました。

また、井上荒野さんの他の作品にも興味が湧きました。これから読んでいこうと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました