PR

【短篇小説】『品川猿の告白』村上春樹 / あらすじ&ネタバレ感想

【短篇小説】 『品川猿の告白』 村上春樹 あらすじ&ネタバレ感想

『品川猿の告白』
(『一人称単数』収録)

この記事を書いた人
みての

年間100作品くらい本を読む36歳サラリーマンブロガー
暇があれば書店・古本店へ行く為、読むペースより買う本の方が圧倒的に多い供給過多状態。
それでも本を買うのが至高過ぎて止まりません。
すごい勢いで積読本が増えていきます。誰か助けてください。

〈読書遍歴〉
幼少期:絵本・児童書
小学生〜中学生:週刊少年ジャンプ・月刊コロコロコミック・月刊ファミ通ブロス・週刊ゴング
中学生〜20代:週刊ファミ通・電撃プレイステーション・ファッション誌男女
20代後半〜現在:小説・ビジネス書・自己啓発書に。最近は文芸誌も。

みてのをフォローする
スポンサーリンク

『品川猿の告白』あらすじ

群馬県のM*温泉へ行ったとき、
「僕」は旅館で働く年老いた猿に出会う。

身の上話を聞くと、
彼は大学教授夫妻に育てられ、
以前は品川区で暮していたのだという。

また、猿は他人の名前を盗むことのできる能力があり、
気に入った人間の女性の名前を盗んでいたという話もする。

引用元:Wikipedia

『品川猿の告白』ネタバレ感想

不思議・ファンタジー

村上春樹さんの作品というと、
割に初期作から、
羊男だったり、小人など、
不思議なキャラクターがよく出てきますよね。

今作は猿。

ただの猿。

でも喋ります!

盗む?

猿が喋る→まだ納得できる

猿がビールを飲む→まだ納得できる

猿が大学教授に育てられ、
人間同然として生きている→まだ納得できる

猿が気になった人間の女性の名前を盗む→ファッ!?

「名前を盗む」って何?
そこだけ全く理解できなくて驚きました。

まあ、人間に恋焦がれて名前を盗むくらいであれば、
実害はあまりないので良いんじゃないかとは思います。

本人もあとで思い出せるようですし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました