PR

【短編小説】『パン屋再襲撃』村上春樹 あらすじ&ネタバレ感想

Haru
Haru

先日購入した、『「象の消滅」 短篇選集 1980-1991』より、
『パン屋再襲撃』を紹介します。
個人的には3度目の再読作品です。

『パン屋再襲撃』
(『「象の消滅」 短篇選集 1980-1991』収録)

『パン屋再襲撃』

この記事を書いた人
Haru

年間100冊くらい本を読む36歳サラリーマンブロガー
暇があれば書店・古本店へ行く為、読むペースより買う本の方が圧倒的に多い供給過多状態。
それでも本を買うのが至高過ぎて止まりません。
すごい勢いで積読本が増えていきます。誰か助けてください。

〈読書遍歴〉
幼少期:絵本・児童書
小学生〜中学生:漫画・ゲーム雑誌
中学生〜20代:ゲーム雑誌・ファッション雑誌
20代後半〜現在:小説・ビジネス書・自己啓発書

Haruをフォローする
スポンサーリンク

『パン屋再襲撃』あらすじ

その頃「僕」は法律事務所に勤めており、
妻はデザイン・スクールで事務の仕事をしていた。
2週間ほど前に結婚したばかりだった。

二人は深夜に突然、耐え難い空腹を覚える。
それは昔「僕」が親友と行ったパン屋襲撃の失敗が、
夫婦に呪いとして降りかかっているせいだと妻は説明した。

「僕」たちはかけられた呪いを解くために散弾銃で武装し、
再び襲撃を目論むが、夜更けの東京に開店しているパン屋はなかった。

そこで妻はマクドナルドを襲うことを提案し、
「僕」は促されるまま実行に移す。

引用元:Wikipedia

『パン屋再襲撃』ネタバレ感想

この登場人物って

同じ『「象の消滅」 短篇選集 1980-1991』に収録されている、
『ねじまき鳥と火曜日の女たち』の「僕」と(おそらく)同一人物です!

奥さんが“デザイン・スクールの事務の仕事”と書いてあるので
過去(新婚時)の話、という感じです。

作品同士が繋がっているって何だか嬉しいですよね。

再襲撃?

斬新なタイトルですよね。
「再」ということは、前にも襲撃したことがあるの?
作中にも描かれていますが、あるんです。
作品としても存在しています。

『パン』
(『夢で会いましょう』収録)

『パン屋を襲う』

襲撃の理由は

正直、全くわかりません。

パン屋さんが開いていないからという理由で
マクドナルドを襲撃した理由もよく分かりません。
ただ夜中に営業していたから、くらいの理由くらいしか語られず。

おわりに

女性(というか奥さん)強し。
なぜ散弾銃を持っているのか。
はじめ、舞台はアメリカとか海外なのかな、と思いましたが、
“午前二時半の東京”としっかり書かれているので
日本の東京が舞台なのは間違いありません。
独特な世界観に巻き込まれていく「僕」。

ただただ、マクドナルドの店員さんが可哀相なお話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました