PR

『medium 霊媒探偵城塚翡翠』相沢沙呼 / あらすじ&感想

medium 霊媒探偵城塚翡翠
Haru
Haru

〈作品情報〉
タイトル:medium 霊媒探偵城塚翡翠

著者:相沢沙呼

出版社:講談社

出版年:2019年(単行本)
ページ数:386ページ(単行本)

この記事を書いた人
みての

年間100作品くらい本を読む36歳サラリーマンブロガー
暇があれば書店・古本店へ行く為、読むペースより買う本の方が圧倒的に多い供給過多状態。
それでも本を買うのが至高過ぎて止まりません。
すごい勢いで積読本が増えていきます。誰か助けてください。

〈読書遍歴〉
幼少期:絵本・児童書
小学生〜中学生:週刊少年ジャンプ・月刊コロコロコミック・月刊ファミ通ブロス・週刊ゴング
中学生〜20代:週刊ファミ通・電撃プレイステーション・ファッション誌男女
20代後半〜現在:小説・ビジネス書・自己啓発書に。最近は文芸誌も。

みてのをフォローする
スポンサーリンク

『medium 霊媒探偵城塚翡翠』あらすじ

死者が視える霊媒・城塚翡翠と、
推理作家・香月史郎。

心霊と論理を組み合わせ真実を導き出す二人は、
世間を騒がす連続死体遺棄事件に立ち向かう。

証拠を残さない連続殺人鬼に辿り着けるのは
もはや翡翠の持つ超常の力だけ。

だがその魔手は彼女へと迫り――。

ミステリランキング5冠、最驚かつ最叫の傑作!

引用元:講談社BOOK倶楽部

『medium 霊媒探偵城塚翡翠』感想

⚠この記事には物語のネタバレが含まれます。
気になる方はご注意ください。

2度の「えっ?」

前半は過去の香月先生と城塚翡翠の事件解決話。
ここで二人の事件解決スタイルが分かってきます。

作家×霊媒師のタッグもののミステリー作品。
ただし、いかんせん“美少女”系のライト文芸か。
まぁ、若い子でも読みやすいもんねー。

…と思っていたら、
まさかの最後にひっくり返る!

後半までは全部最後へ行くまでの“フリ”だったんですね。

確かに、最後の犯人ってこの人だよね、
っていうのは物語のところどころに挿入される、
“インタールード”を読んでいて感づいてきます。

最後、この人が悪者なんでしょ、
そういうどんでん返しね、ふむふむ。

と思っていたらさらにもう1回!
これが斬新でした。

美少女系の痛い感じは普段、
個人的に好きになれないのですが、
それさえも“フリ”とは思いませんでした。

気持ちよく騙されたので
ってことは?この次は?

終わりまでノンストップで読めました。

懐かしい要素

私が懐かしいなと感じたのが、
写真部で出てきた“トイカメラ”。


私が20歳頃に流行っていて買ったり、
誕生日プレゼントでもらって持っていたなぁ、
と懐かしくなりました。

あとトイカメラ関連の本もちょこちょこと持っていたなぁ、
と思い出しました。

ホルガを持っていたのですが、
結局ほとんど使わずじまい。

twitterで知り合った方にあげるあげると言いながら、
結局送らずじまいで現在にいたります。
もう10年は経過している模様。

霊媒探偵…?

結局、本当に霊媒という能力はあるのか無いのか?

その辺は城塚翡翠本人は無いと語っていますが、
実際のところは???
という感じで終わるのが良いですね。

次作でさらに色々と判明したりするんでしょうか。
続編の『invert 城塚翡翠倒叙集』も読んでみたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました