PR

読書の秋とは

読書の秋とは
Haru
Haru

秋になると、本を読むことが心地よく感じられる季節がやってきます。

なぜ秋に読書が合うのでしょうか。その理由を調べてみました。

この記事を書いた人
みての

年間100作品くらい本を読む36歳サラリーマンブロガー
暇があれば書店・古本店へ行く為、読むペースより買う本の方が圧倒的に多い供給過多状態。
それでも本を買うのが至高過ぎて止まりません。
すごい勢いで積読本が増えていきます。誰か助けてください。

〈読書遍歴〉
幼少期:絵本・児童書
小学生〜中学生:週刊少年ジャンプ・月刊コロコロコミック・月刊ファミ通ブロス・週刊ゴング
中学生〜20代:週刊ファミ通・電撃プレイステーション・ファッション誌男女
20代後半〜現在:小説・ビジネス書・自己啓発書に。最近は文芸誌も。

みてのをフォローする
スポンサーリンク

読書の秋とは

先に結論です。

結論

  • 秋は読書の楽しさを感じる特別な季節。「読書の秋」は、学びと自然の調和、新しい冒険、心と知識の成長が重なる素敵な時期です。
  • 中国の韓愈からの引用で生まれた言葉、「読書の秋」は、秋の風景と調和し、知識と楽しみが広がる意味を持っています。
  • 紅葉の美しさと共に、穏やかな秋の日に本を楽しむことで、心に喜びと満足感をもたらす贅沢な時間を過ごしましょう。

「読書の秋」の由来

「読書の秋」という言葉の由来は、中国の古典にあります。
秋は学問や知識の季節とされ、その考え方が日本にも広がりました。
秋になると、新しいことを学ぶのが楽しい気持ちになるのは、この由来からきています。

由来を調べてみました。

由来は中国の漢詩を漱石が引用
「読書の秋」という言葉は、8世紀頃、唐王朝の時代に活躍した中国の韓愈(かんゆ)という詩人が、自著「符読書城南詩」のなかに記した「時秋積雨霽 新涼入郊墟 燈火稍可親 簡編可卷舒」(秋になって長雨が終わって空も晴れ、涼しさが丘陵にもきている。ようやく夜の灯に親しんで、書物を広げられる)という詩に由来するといわれています。

この詩を明治の文豪夏目漱石が1908年に発表した小説『三四郎』のなかで引用したことで、秋は読書をするイメージが一気に日本中に広まり、「読書の秋」という言葉が定着した、という説が有力です。

引用元:ママソレ!

自然との調和

秋は、色とりどりの紅葉が美しい季節です。
静かな公園やカフェで本を読みながら、風や自然の音を感じることができます。

紅葉と本のコンビネーション

秋の紅葉が美しい景色を作り出します。
本を読みながら、その美しい風景を楽しむことができるのが秋ならではの楽しみです。

ゆったりとした時間の過ごし方

夏の熱さが去り、涼しく過ごしやすい秋。
このゆったりとした時間に、じっくり本を読むことで、心のリフレッシュができるでしょう。

感性を刺激する読書体験

本を読むことで、さまざまな世界や考え方に触れることができます。
秋の穏やかな季節に、新しい視点を得ることができるのも魅力です。

新しい世界への旅

本は、私たちを異なる時代や場所に連れて行ってくれる窓です。
読書を通じて、新しい世界に触れることができます。

未知の文化や歴史への興味

歴史小説や異国の物語は、過去や遠い場所の文化に触れるチャンスを提供してくれます。
本を読むことで、知識や視野が広がるでしょう。

登場人物との共感と成長

小説やエッセイの登場人物の成長や葛藤に共感することで、私たち自身の成長につながることがあります。
本を通じて新たな気づきを得ることができるでしょう。

想像力とアイデアの刺激

小説やファンタジーの世界は、私たちの想像力や創造力を刺激します。
秋の静かなひとときに、新しいアイデアを探求することができるのです。

心と知識の収穫

読書は、知識だけでなく、心の成長も促してくれます。
秋は、心地よい読書の時間を通じて、成長を感じる季節でもあります。

自己成長と目標達成

自己啓発やビジネス書は、自分の目標達成に役立つアイデアを提供してくれます。
秋の穏やかな空気を感じながら、自己成長につながる本を読んでみましょう。

趣味の深化と新たな知識の獲得

趣味に関する本や専門知識を深めることで、さらに楽しみを広げることができます。
秋の読書を通じて、新しいスキルや知識を手に入れてみましょう。

批判的思考と情報の理解

批評や論評のある本は、批判的な思考力や情報の理解を育てます。
情報の洞察を深めつつ、秋の読書を楽しんでみませんか。

おわりに

秋は、読書を通じて心と知識を育むのにぴったりの季節です。
「読書の秋」とは、自然との調和、新しい世界への冒険、心と知識の成長が交わる時期を指します。
静かな秋の日に、本と一緒に過ごす時間は、心に豊かさと満足感をもたらしてくれることでしょう。
どんな本を手に取るか、楽しみながら秋を過ごしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました