PR

本の中の登場人物の名前を覚える方法

本の中の登場人物の名前を覚える方法
Haru
Haru

こんにちは!Haruです。

・本の中の登場人物が多くて誰が誰だかわからない!
・読み読み進めているうちにどんどん忘れてしま


そんなことってありませんか?

私の場合、特にミステリー作品となると、
誰が生き残っているんだっけ?
と忘れてしまうことがあります。

また、海外文学だと、
聞き慣れない、読み慣れない名前や名字なので、
ついつい忘れがちになってしまいます。

そこで今回は、
本の中の登場人物の名前を覚える方法についてご紹介します。

この記事を書いた人
みての

年間100作品くらい本を読む36歳サラリーマンブロガー
暇があれば書店・古本店へ行く為、読むペースより買う本の方が圧倒的に多い供給過多状態。
それでも本を買うのが至高過ぎて止まりません。
すごい勢いで積読本が増えていきます。誰か助けてください。

〈読書遍歴〉
幼少期:絵本・児童書
小学生〜中学生:週刊少年ジャンプ・月刊コロコロコミック・月刊ファミ通ブロス・週刊ゴング
中学生〜20代:週刊ファミ通・電撃プレイステーション・ファッション誌男女
20代後半〜現在:小説・ビジネス書・自己啓発書に。最近は文芸誌も。

みてのをフォローする
スポンサーリンク

登場人物の名前をメモする

本を読み進めると、
登場人物の名前がどんどん出てきます。

しかし、脳が一度に覚えることができる情報の量には限りがあります。

そのため、登場人物の名前をメモすることが効果的です。

メモを取ることで、
何度も繰り返し見ることができるため、
名前を覚えやすくなります。

一番お手軽で簡単な方法ですね!

また、メモを取る際には、名前だけでなく、
その人物がどのような特徴を持っているかも一緒にメモすると良いでしょう。

例えば、「景子:金髪で美人。主人公の元彼女」といった具合です。

登場人物の関係性を意識する

登場人物の名前を覚えるだけでは、
物語の流れを理解するのに不十分です。

登場人物の関係性を意識することで、
物語の流れをより深く理解することができます。

たとえば、主人公の友人である「田中」と、
主人公の上司である「佐藤」が登場した場合、
それぞれがどのような関係にあるのかを把握することが大切です。

登場人物同士の関係性を意識することで、
名前を覚えるだけでなく、
物語の流れをより深く理解することができます。

登場人物の特徴を把握する

登場人物の名前や関係性を把握したら、
次はその人物の特徴を覚えることが大切です。

たとえば、「田中」が「明るくて親しみやすい性格」
という特徴を持っている場合、
その特徴を意識しながら読んでいくことで、
名前を覚えやすくなります。

また、登場人物が出てくるたびに、
その人物について思い出すことも大切です。

例えば、「佐藤」が出てきた場合、
前回出てきた時にどのような役割を担っていたのかを
思い出しながら読んでいくことで、
名前を忘れにくくなります。

おわりに

本を読む際には、
登場人物の名前を覚えることが重要です。

メモを取ったり、
関係性や特徴を意識したりすることで、
効率的に名前を覚えることができます。

また、名前を覚えるだけでなく、
登場人物が物語の流れに
どのような影響を与えるかを理解することで、
物語をより深く理解することができます。

本を読む際には以上のような方法を
意識しながら読んでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました