PR

読書嫌いが読書好きになるための5つの方法

Haru
Haru

「本を読むことが苦手で、なかなか読書習慣が身につかない」
という方は多いかもしれません。

しかし、読書は知識や想像力を深めるために欠かせないものです。

今回は読書嫌いの方でも読書好きになるための5つの方法を紹介します。

この記事を書いた人
みての

年間100作品くらい本を読む36歳サラリーマンブロガー
暇があれば書店・古本店へ行く為、読むペースより買う本の方が圧倒的に多い供給過多状態。
それでも本を買うのが至高過ぎて止まりません。
すごい勢いで積読本が増えていきます。誰か助けてください。

〈読書遍歴〉
幼少期:絵本・児童書
小学生〜中学生:週刊少年ジャンプ・月刊コロコロコミック・月刊ファミ通ブロス・週刊ゴング
中学生〜20代:週刊ファミ通・電撃プレイステーション・ファッション誌男女
20代後半〜現在:小説・ビジネス書・自己啓発書に。最近は文芸誌も。

みてのをフォローする
スポンサーリンク

興味のあるジャンルから始める

読書嫌いの方が最初に読む本は、
自分の興味があるジャンルの本を選ぶことが大切です。

例えば、料理が好きな方は料理本、
ミステリーが好きな方はミステリー小説など、
自分が興味を持っているものから読み始めることで、
読書に対するモチベーションが上がります。

10分間読書する習慣を身につける

最初は長時間の読書が苦手な場合もあるかもしれません。

そこで、毎日10分間だけ読書する習慣を身につけることをおすすめします。

1日たった10分でも、
毎日続けることで読書習慣が身につき、
自然と長時間の読書もできるようになります。

読書仲間をつくる

読書仲間を作ることで、
本を読む楽しさを共有できます。

また、読書仲間同士で読んだ本の感想を交換することで、
新しい視点や考え方を得られることもあります。

読書スタイルを工夫する

読書には、様々なスタイルがあります。

例えば、音楽を聴きながら読む、
カフェで読む、本を読みながら散歩するなど、
自分に合った読書スタイルを見つけることが大切です。

読書が苦手だった方でも、
自分に合ったスタイルで読書することで、
読書が楽しくなることもあります。

本の内容をアウトプットする

読んだ本の内容をアウトプットすることで、
本の内容を深く理解できるだけでなく、
読書の楽しさをより感じることができます。

例えば、読書の感想をブログやSNSに投稿する、
読書会で発表する、自分の手帳やノートにまとめるなど、
自分に合ったアウトプット方法を見つけてみましょう。

まとめ

読書嫌いの方でも、
自分に合った方法で読書を楽しむことができます。

まずは自分の興味があるジャンルの本から読んでみたり、
毎日10分間だけでも読書する習慣を身につけたりすることが大切です。

また、読書仲間を作ったり、
自分に合った読書スタイルを見つけたり、
読書の内容をアウトプットすることで、
読書習慣が身につきやすくなります。

挑戦してみると、新しい世界が広がるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました