PR

本を買うなら書店?ネット通販?

本を買うなら書店?ネット通販?
Haru
Haru

こんにちは!Haruです。

現代では、ネットショッピングが当たり前になりつつあります。
一方、書店で本を購入することも楽しい時間のひとつです。

本を購入する際にどちらが良いのか悩んでいるあなたと、
書店とネットのそれぞれのメリット・デメリットを比較し、
どちらが良いかを考えてみようと思います。

この記事を書いた人
みての

年間100作品くらい本を読む36歳サラリーマンブロガー
暇があれば書店・古本店へ行く為、読むペースより買う本の方が圧倒的に多い供給過多状態。
それでも本を買うのが至高過ぎて止まりません。
すごい勢いで積読本が増えていきます。誰か助けてください。

〈読書遍歴〉
幼少期:絵本・児童書
小学生〜中学生:週刊少年ジャンプ・月刊コロコロコミック・月刊ファミ通ブロス・週刊ゴング
中学生〜20代:週刊ファミ通・電撃プレイステーション・ファッション誌男女
20代後半〜現在:小説・ビジネス書・自己啓発書に。最近は文芸誌も。

みてのをフォローする
スポンサーリンク

書店で購入するメリット・デメリット

書店で本を購入するメリットは、
まず手にとって中身を確認できることです。

本のページをめくって中身を確認したり、
手に取って重さや質感を感じたりすることができます。

また、書店に行くこと自体が楽しい時間になります。

しかし、書店で購入する場合、
在庫が限られていたり、
探している本が見つからなかったりすることがあります。

ネットで購入するメリット・デメリット

ネットで本を購入するメリットは、
まず在庫が豊富であることです。

また、自宅にいながら購入できるため、
時間や手間をかけずに購入することができます。

さらに、ネットで購入する場合、
値段が安かったり、
ポイント還元があったりすることがあります。

しかし、手にとって確認することができず、
本の内容や質感について不安が残る場合があります。

また、配達に時間がかかる場合もあります。

楽天ブックスは品揃え200万点以上!
ブックレコメンド

どちらが良いかは状況による

書店とネット、
どちらが良いかは状況によって異なります。

例えば、自分が探している本が限定版や古書の場合は、
書店で探すことができる可能性が高いです。

一方で、新刊や定番の本であれば、
ネットで購入することが簡単であると言えます。

また、自宅に居ながら購入したい場合は、ネットが良いでしょう。
一方、書店で手に取りたい場合は、書店が良いでしょう。

おわりに

書店とネット、どちらで本を購入するのが良いかについて、
メリット・デメリットを比較してきましたが、
結局どちらが良いかは状況によって異なるということがわかりました。

自分が探している本や、購入する理由によって、
どちらが適しているかを考えてみると良いでしょう。

一方で、書店で本を購入することが、
書店を支援することにも繋がります。

書店は、本を手にとって選ぶことができる貴重な場所です。

また、書店員さんがおすすめの本を紹介してくれたり、
読書の相談に乗ってくれたりすることもあります。

そうした体験は、ネットでは得られないものです。

最近は、ネットでの本の購入が主流になっていますが、
書店で本を選ぶこともまた楽しい時間のひとつです。

どちらが良いか悩んだ場合は、
自分が求める体験や、
購入したい本の種類によって選ぶと良いでしょう。

すべての社会人のための業務効率アップ講座【速読解Biz】

コメント

タイトルとURLをコピーしました