PR

【短編小説】『チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ』村上春樹 あらすじ&ネタバレ感想

チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ
Haru
Haru

今回は村上春樹さんの短編集『一人称単数』収録作、
『チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ』を紹介します。

『チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ』
(『一人称単数』収録)

この記事を書いた人
Haru

年間100冊くらい本を読む36歳サラリーマンブロガー
暇があれば書店・古本店へ行く為、読むペースより買う本の方が圧倒的に多い供給過多状態。
それでも本を買うのが至高過ぎて止まりません。
すごい勢いで積読本が増えていきます。誰か助けてください。

〈読書遍歴〉
幼少期:絵本・児童書
小学生〜中学生:漫画・ゲーム雑誌
中学生〜20代:ゲーム雑誌・ファッション雑誌
20代後半〜現在:小説・ビジネス書・自己啓発書

Haruをフォローする
スポンサーリンク

『チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ』あらすじ

大学生のときに「僕」は大学の文芸誌に、
1955年に亡くなったチャーリー・パーカーが
1960年代まで生き延びて
「チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ」という
レコードを出したという、
架空の記事を書いたことがあった。

その15年後、
仕事でニューヨークにいた「僕」はレコード店で、
存在する筈のない
「チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ」の
レコードを目にする。

引用元:Wikipedia

『チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ』ネタバレ感想

不思議な話。

読んでいて思ったのが、
(架空のはずの)レコードの値段が
「35ドルなんだったら買っとけよ!」
なんですが、

1963年+15年=1978年、
当時の円相場を見てみると、
1ドル=195円。

つまり7000円くらい。

確かにラベルなどがない、
不思議なレコードに、
いきなり7000円払うかと考えると、
悩んだ末、諦めて帰ることもありえます。

で、こういう話の場合、
やはり次の日に行くと存在しないんですよね。

そして夢にチャーリー・パーカーが出てきて
ものすごく褒めてもらえる。

チャーリー・パーカーをよく知らない為、
こういう話ってど真ん中世代の方には
すごく刺さるんだろうなー、
理解・共感できる人にはものすごくグッと来る話なのかな、
と思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました