PR

本を速く読む方法:3つのテクニック

本を読むのは素晴らしいことですが、
時間が限られている場合は、
できるだけ速く読みたいと思うかもしれません。

本記事では、
本を速く読むための3つのテクニックを紹介します。

これらのテクニックを使うことで、
時間を節約し、効率的に本を読むことができます。

分かりやすく解説しますので、ぜひ試してみてください。

この記事を書いた人
みての

年間100作品くらい本を読む36歳サラリーマンブロガー
暇があれば書店・古本店へ行く為、読むペースより買う本の方が圧倒的に多い供給過多状態。
それでも本を買うのが至高過ぎて止まりません。
すごい勢いで積読本が増えていきます。誰か助けてください。

〈読書遍歴〉
幼少期:絵本・児童書
小学生〜中学生:週刊少年ジャンプ・月刊コロコロコミック・月刊ファミ通ブロス・週刊ゴング
中学生〜20代:週刊ファミ通・電撃プレイステーション・ファッション誌男女
20代後半〜現在:小説・ビジネス書・自己啓発書に。最近は文芸誌も。

みてのをフォローする
スポンサーリンク

【本を速く読む方法:3つのテクニック】

スキミング

スキミングとは、
本の内容を一気にざっと流し読みすることです。

スキミングをすることで、
本の構成や章立てを把握することができます。

具体的には、目次や章のタイトル、
図やグラフ、ハイライトされた部分などをチェックします。

また、文章の冒頭や結論も重要です。

これらを読むことで、
本の全体像をつかむことができます。

スキミングをすることで、
どの部分が重要なのかを把握し、
重点的に読むことができます。

アクティブリーディング

アクティブリーディングとは、
読みながら自分なりの意見や質問を考えることです。

これにより、本の内容を深く理解し、
記憶に残りやすくなります。

アクティブリーディングをするためには、
ペンやマーカーを使い、
重要な部分をハイライトしたり、
メモを取ったりすると良いでしょう。

また、自分なりの質問を書き出して、
読み進めながら自分で解決していくことも有効です。

アクティブリーディングをすることで、
本からより多くの知識を吸収することができます。

読むスピードを上げる

読むスピードを上げるためには、
まずは読む速度を計測してみましょう。

1分間にどのくらいのページ数を読めるかを計測して、
自分の読書スピードを把握しましょう。

次に、読むスピードを上げるためには、
目の動きを減らすことがポイントです。

具体的には、1行を目で追わずに、
視野の中で複数の単語をまとめて捉えるようにします。

また、口に出して読むことも効果的です。

さらに、慣れてきたら、
自分の声を録音して聞き返すこともおすすめです。

これらの方法を使って読むスピードを上げることで、
より短い時間でより多くの本を読むことができます。

まとめ

本を速く読むためには、
スキミングやアクティブリーディング、
読むスピードを上げることが有効です。

スキミングでは、目次や章のタイトル、
図やグラフ、冒頭や結論を読み、
全体像を把握します。

アクティブリーディングでは、
読みながら自分なりの意見や質問を考え、
ペンやマーカーを使って重要な部分をハイライトし、
メモを取ることが大切です。

読むスピードを上げるには、
読む速度を計測して自分の読書スピードを把握し、
目の動きを減らして視野の中で複数の単語を
まとめて捉えるようにすることがポイントです。

これらのテクニックを使って、
時間を節約しながら効率的に本を読むことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました