PR

本選びの秘訣!自分に合った本を見つける方法

本選びの秘訣!自分に合った本を見つける方法
Haru
Haru

こんにちは!
年間100冊本を読む、
読書大好きブロガー、Haruです。

皆さんは、読書をするときにどのように本を選んでいますか?

書店に行って、表紙やタイトルを見て、
気になるものを手に取る人もいれば、
友達のおすすめで読んでみる人もいるかもしれません。

しかし、その方法だと同じようなジャンルの本ばかり読んでしまい、
新しい発見ができないことがあります。

そこで今回は、本を選ぶポイントと、
ジャンルに偏らないための方法をご紹介します。

これを読んで、読書ライフをもっと充実させましょう!

この記事を書いた人
みての

年間100作品くらい本を読む36歳サラリーマンブロガー
暇があれば書店・古本店へ行く為、読むペースより買う本の方が圧倒的に多い供給過多状態。
それでも本を買うのが至高過ぎて止まりません。
すごい勢いで積読本が増えていきます。誰か助けてください。

〈読書遍歴〉
幼少期:絵本・児童書
小学生〜中学生:週刊少年ジャンプ・月刊コロコロコミック・月刊ファミ通ブロス・週刊ゴング
中学生〜20代:週刊ファミ通・電撃プレイステーション・ファッション誌男女
20代後半〜現在:小説・ビジネス書・自己啓発書に。最近は文芸誌も。

みてのをフォローする
スポンサーリンク

本を選ぶポイントとジャンルに偏らないための方法

普段読まない本をあえて選ぶ

自分が興味を持っている分野ばかり読むと、
新しい発見やアイデアが得られないことがあります。

たとえば、小説を読むときには、
歴史小説やミステリーだけでなく、
SFやファンタジーなどの異なるジャンルの本にも挑戦してみると、
新しい世界が広がるかもしれません。

自分の読書スタイルに合った本を選ぶ

自分の読書スタイルに合った本を選ぶことが大切です。

たとえば、読書時間が限られている場合は、
短編小説やエッセイ集を選ぶと良いでしょう。

また、ノンフィクションを読むときは、
自分が興味を持っている分野や、
自分自身のキャリアアップに役立つ本を選ぶと良いです。

ネットのレビューサイトを参考にする

自分が興味を持っている本を見つけたときは、
読者のレビューを参考にすると良いでしょう。

ネット上で読者が書いたレビューは、
本の内容や雰囲気を知ることができ、
自分に合った本を選ぶための参考になります。

要約サービスを利用する

本の要約アプリ・サービスを利用してみるのも一つの手です。

簡単にまとめられているので、
ちょっとしたスキマ時間で内容を理解できるのでおすすめです。

おわりに

いかがでしたか?
本を選ぶときには、ジャンルにとらわれず、
自分の興味を広げることが大切です。

また、自分の読書スタイルに合った本を選び、
読者のレビューも参考にすると、
より充実した読書ライフを送ることができます。

新しい発見や感動が待っている本を見つけて、
楽しんで読書をしてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました