PR

【小説】『春から夏、やがて冬』歌野晶午 / あらすじ&感想

【小説】 『春から夏、やがて冬』 歌野晶午 あらすじ&感想
Haru
Haru

〈作品情報〉
タイトル:春から夏、やがて冬

著者:歌野晶午

出版社:文藝春秋

出版年:2011年(単行本)
ページ数:295ページ(文庫本)

『春から夏、やがて冬』

この記事を書いた人
みての

年間100作品くらい本を読む36歳サラリーマンブロガー
暇があれば書店・古本店へ行く為、読むペースより買う本の方が圧倒的に多い供給過多状態。
それでも本を買うのが至高過ぎて止まりません。
すごい勢いで積読本が増えていきます。誰か助けてください。

〈読書遍歴〉
幼少期:絵本・児童書
小学生〜中学生:週刊少年ジャンプ・月刊コロコロコミック・月刊ファミ通ブロス・週刊ゴング
中学生〜20代:週刊ファミ通・電撃プレイステーション・ファッション誌男女
20代後半〜現在:小説・ビジネス書・自己啓発書に。最近は文芸誌も。

みてのをフォローする
スポンサーリンク

『春から夏、やがて冬』あらすじ

スーパーの保安責任者・平田は万引き犯の末永ますみを捕まえた。いつもは容赦なく警察に突き出すのだが、ますみの免許証を見て気が変わった。昭和60年生まれ。それは平田にとって特別な意味があった―。偶然の出会いは神の導きか、悪魔の罠か?動き始めた運命の歯車が2人を究極の結末へと導く!

引用元:Amazon(「BOOK」データベースより)

『春から夏、やがて冬』感想

手に取ったきっかけ

いわゆるジャケ買いです。

というのも、著者の代表作(と言っても差し支えがないはずの)
『葉桜の季節に君を想うということ』の表紙とそっくり!

こうやって見比べると、思ったよりは似てない!
ちょっと驚愕しています、

もっとそっくりだと思って買いましたもん。

でもまぁ、同じ文春文庫だし、
だいぶ『葉桜〜』に寄せてはいると思うんですが。

『葉桜〜』と似ているのか

答えは…否!

全然違います。
が、完全に違うかというと、
まぁ似てなくもない部分もあるんじゃない?というところ。

リンクはしていないですが、
登場人物に感じたモヤモヤ感は似ているかも。

主人公と同じ境遇だったら

主人公・平田誠。

17歳の娘を交通事故で亡くし、
それがきっかけで妻が精神的に参ってしまう。

自分がもし同じ経験をすると、
おそらく妻と同じような末路を辿りそうです。

精神的に参って娘の幻影を見て・話してしまうと思います。

そう考えると、頑張って生きている平田さんは偉い。
なにがどうあれ、頑張っていると思いました。

話のショッキングさはさすが歌野晶午クオリティ。

おわりに

ミステリの天才の作品。
何事もなく終わるなんてことはありません。

え!?

そうなの!?

うそ〜!

と何度も衝撃を受けます。

推理小説とはまた違った衝撃を楽しみたい方におすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました