PR

合わない本を読まずに済む方法と、自分に合った本を選ぶためのコツ

Haru
Haru

こんにちは、
年間100冊 本を読む読書ブロガー
Haruです!

自分好みの本を見つける方法は、人それぞれ違います。

しかし、本の見つけ方には共通するポイントがあります。

このコラムでは、
自分好みの本を見つける方法と、
合わない本を読まなくても良いということについて解説します。

この記事を書いた人
みての

年間100作品くらい本を読む36歳サラリーマンブロガー
暇があれば書店・古本店へ行く為、読むペースより買う本の方が圧倒的に多い供給過多状態。
それでも本を買うのが至高過ぎて止まりません。
すごい勢いで積読本が増えていきます。誰か助けてください。

〈読書遍歴〉
幼少期:絵本・児童書
小学生〜中学生:週刊少年ジャンプ・月刊コロコロコミック・月刊ファミ通ブロス・週刊ゴング
中学生〜20代:週刊ファミ通・電撃プレイステーション・ファッション誌男女
20代後半〜現在:小説・ビジネス書・自己啓発書に。最近は文芸誌も。

みてのをフォローする
スポンサーリンク

自分好みの本を見つけるためのコツ

ジャンルを決める

自分が興味を持つジャンルを決めることが、
本を探す上で大切なポイントです。

小説、ビジネス書、自己啓発本など、
自分が読みたい本のジャンルを明確にしておくことで、
探しやすくなります。

ライトノベルシェアNo1電子書籍ストアBOOK☆WALKER

おすすめサイトを活用する

自分が興味のあるジャンルに関する
おすすめサイトを利用することで、
自分好みの本を見つけることができます。

例えば、読書家の口コミサイトや、
Amazonのおすすめ機能などがあります。

自分が好きなジャンルに関するレビューや
おすすめ本を参考にすることで、
自分好みの本を見つけることができます。

SNSを活用する

SNSを利用することで、
自分好みの本を見つけることができます。

TwitterやInstagramで、
自分が興味のあるジャンルについての
ハッシュタグを検索してみましょう。

また、読書アプリを使って、
他の読書家がどんな本を読んでいるのかを
チェックすることもできます。
あなたの人生は世界の名著で大きく変わる【最強読書アプリSMITH】

合わないと感じたら読まなくても良い

あらすじを確認する

本を買う前に、あらすじを確認することが大切です。

自分が興味のない内容や、
自分の嗜好に合わない内容であれば、
読まなくても良いと思います。

あらすじだけではわからない点がある場合は、
レビューや評価をチェックすることもおすすめです。

途中でやめても良い

読み始めて、合わないと感じたら、
途中でやめても良いと思います。

強制的に読み続ける必要はありません。

本は読む人それぞれの感性に合わない場合もあります。

自分自身が楽しめない本は、
読まずに手放すことが大切です。

リスクを恐れない

本を読むことは、お金と時間を投資することです。

しかし、自分が興味を持った本が合わなかったとしても、
それは失敗ではありません。

リスクを恐れずに、
自分の好奇心に従って本を選ぶことが大切です。

失敗から学び、
自分に合った本を見つけることができるかもしれません。

本を選ぶ上で大切なこと

自分に合った読書環境を作る

自分に合った読書環境を整えることも、
本を選ぶ上で大切なことです。

好きな場所や時間帯、
音楽の聴き方などを工夫し、
読書を楽しむ環境を整えることが大切です。

レビューや評価を参考にする

本を選ぶときは、
レビューや評価を参考にすることが大切です。

他の読書家の感想や評価をチェックすることで、
自分に合った本を見つけることができます。
ブックレコメンド

読書に時間を割くことの大切さを理解する

読書に時間を割くことは、
自己投資に繋がる大切な行為です。

自分の好奇心や知識欲を満たすことができるだけでなく、
ストレス解消や感性豊かな人間になることにも繋がります。

自分自身が本を読むことの大切さを理解し、
時間を割くことが大切です。

一冊10分で読める! 本の要約サービス【フライヤー】

おわりに

自分好みの本を見つけるためには、
ジャンルを決めたり、
おすすめサイトやSNSを利用することが大切です。

また、合わない本を読まなくても良いということも大切です。

自分に合った読書環境を整え、
リスクを恐れずに挑戦することも大切です。

自分自身が本を読むことの大切さを理解し、
読書に時間を割くことが大切です。

本を選ぶ上で、自分自身の好奇心や感性を大切にして、
楽しく本を読んで、自分自身を豊かにしていきましょう。

一冊10分で読める! 本の要約サービス【フライヤー】

コメント

タイトルとURLをコピーしました